ベイトシーバス 降雨後濁りのみ

ベイトシーバスと巻き感度

降雨の増水が落ち着いた平常水位(濁り)の河川に行ってきました。

前日がお祭り状態だったと仲間から告げられて「あわよくば」って感じ、まあ天気も通常運転になれば当然水位も元に。
そんなに甘くはないですよね。

で、結果はというと小さいけど元気なシーバスを一本

ROD:”Rottweiler”RW800C-H(プロト)
REEL:DAIWA TATULA HD
LINE:SUNLINE Nylon 20lb
LURE:ima KOMOMOⅡ90
中潮:22:00(茶濁り)

で、ちょっと感じたのがリールのハンドルの軽さ?
ちがう、巻きの軽さ‼
メンテでオーバーホール+ベアリング追加+洗浄etc…してもらったら感性が働いて~とかじゃなくて単純に軽くなった
軽くなった恩恵は大きくて巻き感度、ルアーの抵抗や水を受けている感じが格段にアップしました。
管釣りのリールチューニングってこれの集大成みたいな感じかな?
色々試してみたいことが増えました。