コイを相手にテスト中

毎朝の日課、愛犬「太陽君」の散歩で今季初のテントウムシを発見しました。
春が来ますね!!
インスタグラムでもナマズの釣果が時折見られるようになってきました!!
ワクワクします。

そんなナマズ君に特化したロッド「GC-DOMINATOR 69M」をテスターの井上君が
現在テスト中です。

ロッドのブランクス素材には、グラスとカーボンのコンポジットを採用しております。
ノリ重視とルアーの操作性からです。
フグラスのノリの良さも魅力的ですが、バットにパワーを求めれば重くなりますし、その分操作性も悪くなります。ただ「巻く」だけならいいんですけどね。
乗ったけど曲がり切っちゃって力が伝わらない&重いのが嫌でコンポジットを採用した次第です。

今回はロッドのパワーテストをコイを相手に行っております。
リグは釣る為だけにトップからジグなども使っておりますが、基本トップから巻物ロッドです。

2月25日
「足場が高く流れのある浅い水路に鯉が群れていたのでロッドの耐久テストの為、鯉を狙いました!
鯉の状態、居場所を観察しながらフロッグとジグの両方を持ち歩いて釣り開始!
流れの中にいる鯉はフロッグのドリフトで!底を意識してる鯉はジグで!
最大約3㌔ 計5匹の鯉を撃沈⤴
流れにのった鯉をも余裕で受け止めるバット、約3㌔の魚体もリフト可能です♪」
井上談